スマートキーの仕組みと取り扱い上の注意や紛失時の対応

050-2018-0423全国24時間対応鍵屋サービス

鍵屋サービス > 自動車・トラック・バスの鍵 > スマートキー取り扱い上の注意

スマートキー取り扱い上の注意

スマートキー取り扱い上の注意

車のスマートキー(スマートエントリー)は、キーレスエントリーを進化させたものになります。キーレスエントリーは鍵に付いているボタンを押すことで施錠・解錠を行いますが、スマートキーはポケットやカバンの中に入れた状態で車に近づいたり、ドアハンドルに触れるだけでドアのロックを解除することができます。

エンジンをかける時も鍵を鍵穴に挿して回す必要などなく、ブレーキを踏みながらエンジンスタートボタンを押すだけでエンジンが始動しますので、実際に鍵を使う面倒さがありませんので大変便利です。しかし、便利な反面気を付けなければいけないこともあり。思わぬトラブルに発展してしまうこともあります。

スマートキーの仕組みとメーカー別の呼び方

スマートキーでドアロック解除

スマートキーを持っている人が車両に近づいたり、車両のドアハンドルに触ったりすると、車両に搭載されている発信機から微弱な電波が発信されますが、その電波を受信したスマートキーが応答用の電波を自動発信し、その電波を車両側のセンサーが受信して、ドアのロックを解錠したり施錠したりする仕組みになっています。

スマートエントリーとはトヨタ自動車の商品名で、携帯する鍵の名称をスマートキーと呼んでいます。メーカー別にスマートキーの呼び方が異なりますが、総称としてスマートキーという名称が使われることが多いです。

などとメーカー別にスマートキーの呼び名が異なります。

スマートキーを洗濯(水没)させた時

スマートキーを洗濯(水没)

スマートキーは実際に手に持って使う必要がないため、スマートキーを洋服やズボンのポケットの中に入れたまま洗濯して水没させてしまう可能性があります。従来は金属製の鍵でしたので、洗濯してもきれいになって良かったと思いますが、スマートキーは電子機器で電池も中に入っていますので、できる限り洗濯などで水没させることを避けなければいけません。

もしも洗濯してしまった場合は、ボタンなどは押さずにスマートキーのカバーを開けて水分を拭き取ってください。そして半日ほど風通しの良い場所に置いて十分に乾かしてください。電池は念の為、新しい電池に交換した方が良いでしょう。

スマートキー自体に防水対策として、IC搭載の基板とプラスチックケースの間にシリコン製の柔らかい材質でできた半透明のカバーが挟まり、ケースの中に水が侵入した場合に電子基板を守る構造になっていて、ある程度は防水対策してあるものが多いですので、すぐに対処すればそのまま使用できる可能性が高いです。しかし、水没から復帰できなかった場合はディーラーに相談してみてください。

スマートキーを紛失した場合

従来の車の鍵は、ドアを開ける時やエンジンを始動する時に必ず手で触りますが、スマートキーは持っているだけでドアを開けることもエンジンをかけることもできてしまいます。そのため便利にはなりましたが、その反面どこかで落としても気づき難いので注意が必要です。

スマートキーをなくした場合、ディーラーに相談すれば新しいスマートキーを手に入れることは可能ですが、費用は安くはありません。またディーラーでの手配には日数がかかり、新しいスマートキーの登録や再設定も必要になりますので手間や日数がかなり必要になります。

スマートキー使用時の注意点

便利なスマートキーですが、便利な反面注意しなければいけないことがあります。

家にスマートキーを置き忘れてきた

エンジンを始動した後に家に戻ってスマートキーを家に置き忘れた場合など、一度エンジンを止めてしまうと、お出掛け先でエンジンを再度かけることができなくなってしまいます。

同乗者がスマートキーを持ったまま途中で車を降りた

運転者がスマートキーを持たず、同乗者がスマートキーを持っている状態でもエンジンを始動して運転することができます。同乗者がスマートキーを持っているのに途中で車を降りてしまうと、エンジンが停止することはありませんが、エンジンを止めて再度エンジンをかけようとした時にエンジンをかけることができなくなってしまいます。

誤動作でインロックしてしまう

スマートキーは微弱な電波を発信することで、車両に搭載されているコンピューターの情報とやり取りして、ドアロックが解除されたりエンジンがかかる仕組みになっています。電気を使いますので電池切れや電池の消耗具合によって誤動作してインロックしてしまう可能性があります。車から離れる時はスマートキーを車内に置いたままにせず、必ず持ち歩くようにした方が良いでしょう。

スマートキーの電池交換

スマートキーは電池がなくなると電子キーが機能しなくなり、様々なトラブルが起きますので注意が必要です。メーターパネルの表示で電池の交換時期を教えてくれる機能を持った車種もありますが、取扱説明書に書いてある様に定期的に新しい電池に交換すると良いでしょう。

スマートキーの電池の標準的な寿命は使用方法によっても変わりますが、約1~2年程度が多い様です。スマートシステムやワイヤレスリモコンが作動しなかったり、作動する範囲が狭くなった、スマートキーのLEDが点灯しないなどの状態になったら、すぐに新しい電池に交換した方が良いでしょう。

スマートキーはまったく使用していなくても電池を消耗します。特に電子レンジやテレビ、パソコン、携帯電話などの弱電波を発生する電子機器の近くにスマートキーを置いてしまうと、著しく電池を消耗することがあります。

電池が切れてしまった時に内蔵されている非常用の鍵を使うと、突然警報が鳴る車種もあります。突然の電池切れにも対処できるように電池の交換方法を事前に試してみたり、交換用の電池を準備しておくと良いでしょう。

自動車・トラック・バスの鍵トラブル対応

電話すれば分かる安心感 全国24時間出張の鍵屋サービス
鍵屋サービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!