バイクの鍵紛失やメットインへの鍵閉じ込み、シャッターキーについて

050-2018-0423全国24時間対応鍵屋サービス

鍵屋サービス > バイク・自転車の鍵 > バイクのメットイン解錠やシャッターキー

バイクのメットイン解錠やシャッターキーについて

バイクの様々な鍵トラブル

バイクの鍵にも様々なトラブルが発生します。鍵紛失や鍵折れだけでなく、メットインへの鍵の閉じ込みによるインロック解錠、そしてエンジンキーのトラブルだけでなく、シャッターキーに関わる鍵トラブルも多く発生しています。

バイクの鍵トラブル対応は、バイク屋さんだけでなく鍵屋も対応可能です。鍵屋は鍵トラブル発生中のバイクがある場所まで出張して鍵トラブルを解決しますので、ほとんどのケースで即日対応でバイクの鍵トラブルを解決することができます。

スクータータイプのメットイン解錠

メットインのインロック解錠

原付バイクは、ほとんどの車種がスクータータイプになってきました。また、排気量の大きなバイクもスクータータイプの車種が増え、ビッグスクーターも街なかでよく見かけるようになりました。スクータータイプのバイクには、シートの下にメットインという便利な収納場所がありますが、メットインはシートを閉じるだけで鍵がロックされてしまうため、メットインの中にバイクの鍵を閉じ込めてしまうトラブルが多発しています。

旧式のバイクは、メットインの鍵はシートの周辺に独立した形で鍵穴がありました。しかし、最近のバイクはシート周辺にシートロックを解除する鍵穴がなく、イグニッションキーに一体化されるようになってきました。

メットインにバイクの鍵を入れたままインロックしてしまった場合、シート周辺にシートロック解除用の鍵穴があれば、ピッキング解錠による作業で短時間で解錠できます。一方、シートロックの解除がイグニッションキーに一体化されている場合は、ピッキングによる解錠作業ができないため、鍵穴の形状を読み取って新しく鍵を作ってから、その鍵でメットインのロック解除を行います。

新型のバイクの多くでメットインの解除がイグニッションキーに一体化されるようになり、鍵を紛失したりメットインに鍵をインロックしてしまった際には、そのトラブル解決に手間がかかるようになりましたが、解錠する時には鍵を作製しなければいけないという高度なスキルが必要になったため、防犯性能は向上したとも言えます。

メットイン解錠作業の時間と費用

シート周辺にメットイン解錠用の鍵穴がある場合は、ピッキング作業で対応できますので、出張・基本作業費用込みで8,000円~承っており、作業時間の目安は10分程度になります。

メットインの解除がイグニッションキーに一体化されている場合は、鍵穴を読み取って鍵作製を行いますので、出張・基本作業費用込みで12,000円~承っており、作業時間は鍵のタイプによって変わりますが、目安は30分程度になります。新たに作製したバイクの鍵はお客様にお渡しします。

シャッターキーのトラブル

シャッターキーのトラブル

バイクは鍵穴が丸裸でしたので、昔から盗難や鍵穴へのイタヅラが大変多い乗り物でした。鍵穴に誰でも触れるのが盗難や鍵穴へのイタヅラが多い主な原因でしたので、バイクの被害を防止するために鍵穴に蓋をしてしまうシャッターキーが多く採用されるようになってきました。

しかし、シャッターを開ける時にはマグネットキーが必要ですので、マグネットキーを紛失してしまうと鍵穴にアクセスできませんので、エンジンをかけることができなくなってしまいます。エンジンキーとマグネットキーが一体化されているものも多いですが、シャッターキーを開閉するマグネットキーは、バイクの販売店では紛失対応するのが難しい場合もあります。

シャッターキーのトラブル対応も鍵屋で対応可能ですので、シャッターキーの紛失トラブルなどでお困りの際は、是非お問い合わせください。

バイクの鍵トラブル時に必要なもの

バイクの鍵折れなどの修理や鍵作製、メットインへの鍵のインロック解錠のご依頼をいただいた際、車検証や自賠責保険の証明書などを拝見します。但し、メットインへのインロックトラブルなどの場合は、メットインの中に車検証や自賠責保険の証明書が入っている場合がほとんどです。そのため、車検証や自賠責保険の証明書などがメットインの中に入っていることを確認してから運転免許証を拝見し、解錠後にお名前や住所を照合させていただき、御本人のバイクであることを確認させていただきます。

バイクの所有者が御本人でない場合は、所有者との間柄を確認したり、所有者と連絡を取ったりして確認する場合もあります。

オートバイ・原付バイクの鍵トラブル対応

電話すれば分かる安心感 全国24時間出張の鍵屋サービス
鍵屋サービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!