玄関の鍵を不正開錠する手口~あなたの家の玄関は大丈夫ですか?

050-2018-0423全国24時間対応鍵屋サービス

鍵屋サービス > 玄関や建物の鍵 > 玄関の鍵を不正開錠する手口

玄関の鍵を不正開錠する様々な手口について

玄関の鍵を不正開錠する様々な手口

以前、ピッキングによる空き巣被害が頻繁に起きていましたが、鍵メーカーと空き巣との知恵比べで鍵メーカーが対策品を出しても、空き巣がその欠点を見つけて不正開錠が絶えないなど、玄関の不正開錠をする手口は様々です。最近は、鍵交換による防犯対策などで、不正開錠に対する対策を行なっているご家庭も多いと思いますが、未だに不正開錠しやすい鍵を使い続けているご家庭が多いのも事実です。

現在、鍵メーカーから発売されているものは、防犯性能が比較的高い鍵が標準になっており、ピッキング、バンピング、鍵穴破錠などによる不正開錠に対抗できる工夫がされています。そのため、古い鍵をそのまま使い続けている場合は、空き巣に標的にされないためにも、早めに鍵交換などによる防犯対策を行なっておいた方が良いでしょう。また、空き巣がどのような手口を使って玄関の鍵などを不正に開錠して家の中に侵入するのか? その様々な手口を知っておくことも大切なことです。

以下は、空き巣などが不正開錠する時の主な手口です。あなたの家の玄関は大丈夫でしょうか?

ピッキング

ピッキングによる不正開錠

「ピッキングツール」と呼ばれる細長い形状の道具を使って、鍵を壊さずに鍵穴を操作して不正解錠する方法です。ピッキング対策されていない鍵を熟練者がピッキング解錠すると、ほんの数秒で解錠してしまうことができます。

錠前やドア、窓などを破壊しない方法ですので、不正に鍵を開けた痕跡が残らず、第三者に目撃される可能性も低く、犯罪の証拠も残し難い方法です。最近ではピッキング対策された鍵に交換したご家庭も多くなりましたので、ピッキングによる空き巣被害は、以前と比べれば減少している傾向があります。

しかし、未だにピッキング対策されていない鍵を使われているご家庭が多いのも実情です。特にMIWA製のディスクシリンダー錠の初期型U9など、鍵穴が縦方向になっている鍵が使われている場合は危険です。

カム送り(バイパス解錠)

カム送りは、ピッキングに変わる不正解錠の方法として行われるようになった手口ですが、シリンダーを手で引っ張った時にドアとの間に隙間ができるようなタイプのシリンダーに使える不正解錠の方法です。シリンダーとドアの隙間に特殊な工具を使って、直接カムを操作して不正解錠します。鍵を施錠する時もカムを直接操作しますので、この方法も不正解錠の痕跡が残りません。

現在市販されているシリンダーは、シリンダーカラーとドアの間を塞ぐ金具やシリンダー自体にカム送りができないように仕掛けが施されていますが、ご自宅の玄関の鍵穴を覆うカバーを引っ張って隙間ができるかどうか確認してみると良いでしょう。

サムターン回し

サムターン回しによる不正開錠

玄関の鍵を施錠する場合、外出する時は玄関の外から鍵を使って行います。そして帰宅した時は家の中に入ってから鍵を使わないで、ツマミを回して鍵を施錠するのが一般的です。このツマミのことをサムターンと呼んでいますが、玄関ドアの郵便受けの隙間やドアスコープの穴から特殊な工具を差し込んで、ドアの内側にあるサムターンを回す方法が「サムターン回し」です。

サムターン回しも不正解錠の痕跡が残らない方法ですが、鍵穴の周辺にドリルなどで穴を開けてサムターンを回してしまう場合もあります。

サムターン回しによる不正解錠を防ぐためには、サムターンカバーを取付けたり、押し回しタイプのサムターンに変更するなどして対策します。また、家の中からも鍵で施錠するタイプに交換したり、補助錠を追加して1ドア2ロックにすることも防犯対策になります。

バンピング

バンプキーという特殊なキーとハンマーを使って解錠する方法です。バンプキーはバンピングに使われる特殊な鍵ですが、ピッキングよりもはるかに簡単に解錠することができてしまいます。すべてのタイプのシリンダーに使用できる方法ではありませんが、この方法も不正解錠した痕跡が残りませんので注意が必要です。

鍵穴破錠の破錠開錠(ドリリング)

電動ドリルを使って鍵穴を物理的に壊して開錠する手口です。ピッキング開錠のように特殊な技術は必要ありませんが、ドリリングで不正開錠する時に非常に大きな音がして目立ちます。ドリリング対策されたシリンダーであれば、簡単に破壊されることはありません。

メルティング(溶解破錠)

鍵穴の中にシリンダー内部の金属を腐食させる液体を入れて不正開錠する方法です。液体である程度シリンダー内の金属部品が溶解できれば内部の構造がもろくなり、外部から衝撃を与えることで鍵を開錠してしまいます。

メルティングは、特殊な技術は必要なく大きな音も出ませんが、異臭がして薬品も簡単には手に入りませんので、あまり使用される不正開錠の方法ではありません。

シリンダーもぎ取り(ノブもぎ取り)

玄関のドアノブに付いた円筒状のシリンダーをバールやプライヤーなどの工具を使って、強引にもぎ取って不正開錠する方法です。ドアノブとドアの隙間にバールやプライヤーなどの工具の先端を入れて、梃子の力で容易にもぎ取ってしまいます。

シリンダー円筒錠やインテグラル錠などが危険ですので、補助錠の追加や耐もぎ取り性能の高いドアノブに交換して防犯対策されることをお勧めします。

玄関や建物の鍵トラブル対応
玄関の鍵交換・補助錠追加で防犯対策

電話すれば分かる安心感 全国24時間出張の鍵屋サービス
鍵屋サービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!